2018年4月13日金曜日

燃え萌え

これはASPECT 5 (あくまでイメージ)
先日、カルチャーショックを受けたとご報告してから機会ある都度、『燃える』に試行錯誤しています。

適当にやっても簡単に焚き付けが可能で煙も早く消える『Hunterstoves』ですが、これまではその性能に甘える事で深く追求してきませんでした。(*´з`)
でも、マニアックな世界に迷い込むと…
ストーブの機種毎、設置条件、薪の乾燥有無や樹種などに左右されている事がはっきりと分かります。
煙が少なく萌える燃し方にこだわると、楽チン薪ストーブですら、わりとピーキーに感じる程(笑)

そうした中で、これがベストだって焚き方も徐々に見えてきました❗
※現在のベストなのでスグ変わるかも(笑)

目的は、煙を極力出さずに焚く事で近隣の方への煙害をなくし楽しい薪ストーブライフを送れるようにする為です。
こだわりの世界なので、空気をガバッと入れるのは少しいやです。(笑)

でも、上記で触れた通り「機種」「設置環境」「薪の状態」でベストは変わります。
薪ストーブを設置されたお客様にとってのベストの焚き方はお客様ご自身で見つけてもらうしかありませんが、萌える燃やし方を見つける術を少しでもお伝えできれば幸いと思っています。

曖昧な部分と「そこのこだわりホントに必要?」的なのも多分に含んでいるので会社としてではなく、この非公式ブログでご案内させていただきました。(笑)

私は薪ストーブの楽しみ方の1つとしてアリだと思ってます!✌️

今後のイベントなどでは一緒に焚き付けをしてみたい等、ご希望されるお客様にはご案内をしてまいりたいと思いますので、イベントスケジュール等をご覧いただきましたらご連絡下さいませ!!※開催日の午前中に限ります
実演機に火を入れずにお待ち申し上げます。m(_ _)m

0 件のコメント:

コメントを投稿